生活を豊かにする、本と技術とオーディオドラマのブログ

【生活にプラスするアイディア集】キャリア迷子/ひきこもり状態/発達障害グレーゾーン/HSPを生きる. ◆1自分を守る「ストレスを減らすコーピング、悪意の心理学」 ◆2家族と友人を守る「いじめの対策/性教育」 ◆3成長を目指す人のための「勉強スタイル、再就職&転職スキル)」 ◆4お金を増やして守る「長期積立&短期トレード」

猫と癒しのショートショート『マタタビ町は猫びより』田丸雅智さん 絵:ねこまきさん

田丸雅智さんが「猫」をテーマに書き上げたショートショートです。

 

すべての話に猫が出てきて、まったり、ほんわかした気分を楽しめます。猫の話に浸りたい欲求を今すぐに満たしてくれます。

  

1.猫の能力

この本に出てくる猫は、普通の猫ではありません。

 

仕事をしたり、人を癒やしたり、合コンの手助けだってします。そんなスーパーな猫たちが、町のあらゆる場所で活躍します。

 

猫の局員』や『猫ポリス』はいたってマジメに仕事をしますし、ネイルに通う猫もいれば、おやつをせがむ猫もいます。

 

お盆に帰って来る『夏の日の猫』は読者をしみじみとした気持ちにさせ、心を癒やす『スキマの猫』は隣にいて欲しい猫です。

 

気まぐれなのに、どこか愛らしくて憎めません。緩急をつけた猫の話は、何度も繰り返して読みたくなります。

猫のイラスト,マメハルさん

絵:マメハルさん(ねこまきさんとは別の方)

 

2.カバーで猫探し!?

カバーデザインの緑と白の配色からは、とても優しい印象をうけます。「マタタビ町」のところに入った線は猫のヒゲみたいです。

 

実は、作中に出てくる猫が、表紙カバーに描かれています!

 

実際に探してみると、残り3匹4匹くらいが難しいですが、答えに詰まった時は目次ページがヒントになっているので時間をかければ必ず見つけられます。

 

読書後の楽しみに、パートナーと一緒に猫を探してみてください。

 

3.まったりとした気分で読む

何といっても、全部の作品に猫が出てくるので、話のまとまりがとても良いです。すいすいと読み進められます。

 

他の本では「診療所・オフィス・Bar」とタイトルにある場合も、いくつかの話はタイトルとの関係が薄い話もあります。その点、この本は統一感がピカイチです。

猫,イラスト,さっぴーさん作

絵:さっぴーさん

 

また、この本は❝まったり❞重視ですので、ドロドロとした人間関係の話は出てきません。

 

作者の本には、現実世界を模写したような、社員同士が陰口を言い合う場面などがたまに書かれているのですが、この本にはそうした描写は全くありません。

 

どの話もまったりとした気分を保って読むことができて、安心して読み返すことができます。

 

 

 

4.漫画や雑誌にも注目 

3つの作品は「猫びより」という雑誌にいち早く掲載されました。単行本よりも先に田丸雅智さんの猫作品を読みたい人は、雑誌をチェックしてみるといいかもしれません。

 

[ねこのきもち公式サイト] 今のところ、小説が掲載されるかは未定ですが、雑誌の可愛らしい猫の写真は、きっと読者の心を癒やしてくれます。

猫のイラスト,6匹,白いねこねこ作

絵:白いねこねこ さん

カバーのイラストが気に入った方は、ねこまきさんは漫画も書いているので、電子書籍で読むこともできます。

 

5.田丸雅智さんの他の猫作品はある?

答え:あります

 

どの話もまったりした印象で、少しクスッと笑って楽しめる話です。

 

書籍名「(各話のタイトル)」

・ショートショート・マルシェ「ネコの目」

・日替わりオフィス「指猫」

・海色の壜「アドネコ」

・ショートショート美術館「猫の悩み」

・転校生ポチ埼ポチ夫「ポチ埼亭」

 

6.ネコ好きを増やせる本

猫好きの人なら、表紙だけを見て買っても、絶対に後悔しません!

 

ぜひ、不思議な力をもった猫のストーリーと、表紙の猫探しを楽しんでください!

 

『マタタビ町は猫びより』田丸雅智  辰巳出版 2019年6月初版