ことばの杖と朗読ノート

オーディオドラマと朗読作品を普及させたい。本と音声に力を注いで、豊かな時間を創り出すこと

『いじめを生む教室』荻上チキ いじめの構造問題をデータから考える

「ストップいじめ!ナビ」代表の荻上チキさんが、統計データを基にいじめ問題を解説した本です。いじめの4層構造モデルや、仲裁者・通報者・シェルター・スイッチャーなどの役割を解説しています。親が子どものいじめに備える、入門本としても最適です。

俳句とショートショートを両方楽しむ『俳句でつくる小説工房』田丸雅智

俳句とショートショートのコラボレーション。味わい深い俳句の世界を、田丸雅智さんが丁寧に解釈、世界観を引き継ぎ、ショートショートに作り変えています。自由な解釈を存分に楽しめる一冊です。

アメリカ史を学ぶ その2 全体の概観2 『アメリカ史 下』山川出版社 紀平英作

アメリカの歴史の大きな流れを、リーズナブルな価格で学ぶことができる。大統領選挙、BLM(BlackLivesMatter)につながる黒人の歴史など、一つ一つのニュースは過去の歴史に結び付いている。移民、市民権運動、格差に対する政策、他国の憲法への介入の4つの視…

病名を診断される前の「身体感覚」を大切にする 『体の知性を取り戻す』講談社現代新書 尹雄大

言葉以前に身体感覚がある。この本は「身体感覚をベースに診断を受けることで、生活を良くする手掛かりが得られる」という、病名のプラス面を考えるきっかけを与えてくれる。少人数制教育や社内教育、対人支援に携わる人は仕事のヒントを得られる一冊。

アメリカ史を学ぶ その1 全体の概観1 『アメリカ史 上』山川出版社 紀平英作 編

2020年5月、ジョージ・フロイド氏の殺害事件を機にBlack Lives Matter運動が活発化した。アメリカ史の概観を解説したこの本は、米国の多くの出来事の背景を学ぶことに役に立つ。1冊1200円の良書。

猫がテーマの創作ショートショート 『マタタビ町は猫びより』田丸雅智さん 絵:ねこまきさん

猫が出てくる物語や小説をたくさん読みたい。小説を読んでほんわか・ほっこりした気分に浸りたい。そんな願いをこの本は叶えてくれる。個性的な猫を、作家の田丸雅智さんが生み出し、漫画家ねこまきさんが絵を描いた。これは猫好きの必読書だ。

家族で楽しむ、田丸雅智さんのおすすめ3冊+1冊

田丸雅智さんの本から、家族で楽しめる本を選びました。あらすじ・内容・感想を紹介します。学生の方には、朝読にもぴったりの本や、友達と貸し借りして楽しめる本を選びました。小学生から高齢者まで、家族の中のあらゆる世代の人が楽しめる本です。