学びキャッチアップ

(1)専門職スキルで再就職&転職 (2)投資とトレードを本から学ぶ (3)大人のいじめの対処法 (4)オーディオドラマ&日本の古典の魅力を紹介

運気の上がる部屋づくり、~綺麗な空間は連鎖する!~【整理整頓】

今日はキッチンの整理整頓の話です。

整理整頓過激派のアイディアです。

キッチンを汚さない方法

 

1.キッチンをきれいにすると運気が上がる

1人暮らしや賃貸アパートに住んでいる人は、玄関の扉を開けたらすぐにキッチンがあるレイアウトの部屋もあると思います。

 

こうした間取りの家は、キッチンの汚れがそのまますぐに部屋の汚れにつながります。

  • 洗っていないフライパン
  • 食べ終わった後のお皿
  • 三角コーナーの生ごみ

たまった洗い物を見た瞬間に気分が下がり、気になって注意力も同じように下がります。見た瞬間に行動するスピードが遅くなります。

 

キッチンは毎日通る必要があるので、キッチンの汚れが部屋の汚れとなって行動スピードを下げてしまいます。

 

整理整頓は行動スピードを落とさないことが大事です。

動き続けることで運気を呼び込むことができます。

 

 

2.ズボラを無くす整理整頓

食洗器で解決する

一度試して欲しいのが食洗器です。

 

全自動で洗い・乾燥をしてくれます。

 

私が購入して試したことがあるのがこちらの自動織機洗い乾燥機です。

確かに自動で洗えて楽には楽でした。ただ、正直なところ私には合いませんでした。

  • 自動洗浄用の水を入れるのが手間
  • 汚れをふき取ってから並べるのが手間
  • キッチンの場所をとる
  • 排水ホースの中の見えない汚れが気になる
  • 動作音を完全には無音にできないので、ご近所さんのことを考えると深夜早朝には使いにくい

結局は食洗器は食洗器なりの「手間」が必要でした。その手間を無くしたのが次に紹介する方法です。

 

 

3.キッチンを使わない。

もう一つのアイディアが整理整頓過激派のアイディアです。

 

そもそも「キッチンを使わない」方法です。

  • 自炊をせずに外食だけにする
  • 食器をすべて使い捨てにする。
  • 三角コーナーを無くして、レジ袋とポリ袋に二重に入れてから蓋つきゴミ箱にinする。

一時期はほぼ外食・総菜・白米パウチの生活でした。健康面にはすぐに支障はありませんでした。むしろ仕事で自宅に帰ってからの料理とその片付けは体力と精神力を使うので、完全外食や総菜生活はとても便利に感じました。

 

今は栄養面・気分・便利さの落としどころとして次のようにしています。

  • レンジ使用可のお椀(大サイズ)とお皿はプラスチック。
  • 食器は洗う前にキッチンペーパーでふき取る:水道代の節約。
  • お米は炊飯器で炊く:コスパが良い
  • フライパンや鍋は使う:炭水化物以外の野菜・肉・魚は自炊して調理した方が量を多く食べられる。

使わないキッチンは1週間~1か月間ずっときれいな状態で保っていられるのはとても気持ちが良いです。

 

キッチンに汚れがたまりやすい人が綺麗に保つコツは、とにかく食器と調理器具の種類を減らして統一することです。

  1. 洗い物の対象を減らす:すぐに洗おうとする気持ちが起こる
  2. 洗う食器や調理道具の種類を減らす:洗い方に慣れて速く洗える

お箸を割りばしに変えることだけでも、洗い物の対象を減らすことができます。

 

綺麗な空間は次から次へ連鎖します。キッチンをきれいにすれば部屋全体が綺麗になります。運気もぐんぐんアップして、良い縁を結んで悪い縁を切れるようになります。運気アップのために、キッチンの洗い物の対象を減らすことはとてもオススメです。