学びキャッチアップ! ~ちょこっと理論~

学びをシェアするブログです☆ (1)おすすめオーディオドラマ作品 (2)専門職スキルで再就職&転職 (3)投資とトレードを本からコツコツ学ぶ (4)職場の人間関係の対処法

ベトナム語の学習日記:初心者からの第二言語(構文リーディングを中心に)

2024年、ベトナム語の学習を試しています。

残せるだけ学習日記を残していきます。

ベトナム語,語学,第2言語,副業

 

 

 

1.使っている参考書

『ベトナム語会話 リアルな日常表現2900』を使っています。

 

構文がたくさん載っている、リーディングの分野のテキストです。

 

2.今日のベトナム語の学び

2-1 学習した範囲

  • 1月7日
  • p180-205。25ページ分を流し読み。
  • かけた時間は20分。

残り約140ページ。約140分が必要見込み。

 

2-2 出てきた文化の疑問

  • ベトナムの人の時間間隔はどんな感じ?
  • 集合時間にはきっちり?ゆるい?身近にいるベトナム出身の人と会議をしたことはないけれど、今まで考えてこなかった視点。

2-3 つかんだニュアンス

  • giôは時間を聞く時に出てくる。
  • 9 giô (9時ちょうど)
  • Tui 9 giô (9時から)
  • Hây  luuc 9 giô (9時に集まってください)
  • dung (はい)
  • chu i (注意する)
  • Đung (止める)
  • Đuoc (可能です)
  • Không đuoc (不可能です)

 

3.方向性の振り返り

3-1 第二言語学習として

  • 行動を一緒にするなら、時間についてのフレーズは優先して覚えた方がいいと感じること。

 

3-2 生活習慣として

  • 時給制の副業が始まり、学習時間の確保は1日のうちのどこかの20分でやりくりする必要が出てきていること。
  • 復習にガッツリと時間を確保するには、スケジュールの計画が必要だと感じること。

 

4.全体的な感想

  • 時間のフレーズはどの言語でも必要だと感じること。
  • 時間が限られる中での学習は、学習方法の「型」や、記録方法の「型」があると、学習に使える時間をつくれること。