生活を豊かにするブログ ~本と技術とオーディオドラマ~

【生活にプラスするアイディア集】キャリア迷子/ひきこもり状態/発達障害グレーゾーン/HSPを生きるヒント ◆1自分を守る「ストレスを減らすコーピング、悪意の心理学」 ◆2家族と友人を守る「いじめの対策/性教育」 ◆3成長を目指す人のための「勉強スタイル、再就職&転職スキル」 ◆4お金を増やして守る「長期積立&短期トレード」

【教育の話】指導は「できるベース」で管理する。ハラスメント予防や事故予防のために

 ハラスメント予防事故予防のためには、「教えたベース」よりもできるベースの教育が必要という話です。

 

 人が教えを受けて行動する時、「存在を知っている→頭でわかる→(実践する時間を確保する)→確認しながらできる→速くできる」のステップを踏む時間が必要です。頭でわかる事と実践できる事には時間差があるため、実技を含む確認テストをする時間の確保も必要です。

 

 スケジュールの合間を縫った短時間の指導や、集団に対して講師が1人という場合の指導では、どうしても「1回存在を伝えた」ベースの管理になります。「前に教えたよね?」や「分かったと言ったんだから、できるよね?」などの発言は、「できる」まで面倒を見ないことに対する、責任逃れの方法としても使えてしまいます。

 

 人口減少社会で教える人が不足する今後、ハラスメント予防事故予防のためには、「教えたベース」よりも「できるベース」の教育が必要だと考えています。