生活を豊かにする、本と技術とオーディオドラマのブログ

スキルアップと再就職を応援◇親子で使える勉強法/いじめ対策/性教育◇投資&積立◇発達障害グレーゾーンの方へのサポート◇面白い小説やオーディオドラマの名作を紹介します

【整理-段取り】No.002 手帳甲子園には見本・お手本・記入例が盛りだくさん

中学生・高校生・予備校生のみなさん。

 

勉強の計画に手帳を使っていますか?

 

手帳にはプライベートな予定も書くので、知り合いに「手帳を見せて」と気軽には言いにくいもの。

 

そこで、助けになってくれるのが、手帳甲子園です。ネットで公開されている高校生の手帳を真似して、良いところを取り入れましょう。

手帳,勉強,イラスト

 

 

1.手帳甲子園の概要

NOLTY(旧.能率手帳)で有名な、株式会社NOLTYプランナーズが主催しています。

 

2021年12月22日(水)、第10回大会が開かれます。オンラインで、誰でも無料で視聴できます。

手帳甲子園 | NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

 

部門は2つ。

手帳活用部門」では、全国から参加する生徒がそれぞれの手帳をプレゼンします。

・書く習慣が身に付いた

・自律的な時間管理ができるようになった

などの効果が発表されています。

 

表紙デザイン部門」では手帳のデザインを競います。Twitterで神絵師と呼ばれるくらいの、上手い絵を描いている人もいます。

 

2.手帳の見本・お手本・記入例

受賞者の手帳はとても参考になります。

 

発表者の数が多く、過去作品を全部見ると時間がかかります。

 

そこで、私の方で、参考にして欲しい手帳にURLのリンクを付けました。

 

■「予定と実際」を比べるレイアウト。

第9回手帳甲子園 | 株式会社NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

(選抜Aブロック・デンソー工業学園2年生)

 

■毎日の起床、勉強開始、就寝のタイミングを折れ線グラフで表示。

第8回手帳甲子園 | 株式会社NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

(九州沖縄・西南女学院高等学校1年生)

 

■チェックボックスをつくる。

第8回手帳甲子園 | 株式会社NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

(関東大会・創価高等学校1年生)

 

■1日の出来を〇✕で大胆に評価する。

第8回手帳甲子園 | 株式会社NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

(関東大会・東京都立小山台高等学校1年生)

 

■左側にラインを引いて、1日の過ごし方を色分けする。

第6回手帳甲子園 | 株式会社NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

(大阪予選会・福岡常葉高等学校2年生)

 

■文字を囲う枠線を使い分ける。(外せない予定は四角、コメントは雲)

第6回手帳甲子園 | 株式会社NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

(本大会部門別・手帳活用・

創価高等学校1年生)

 

■自分への励ましや、その日の感想を書く。

第5回手帳甲子園 | 株式会社NOLTYプランナーズ (noltyplanners.co.jp)

(手帳活用術・

函館市立北中学校1年生)

 

 

他にも、活かせる工夫がたくさんあります。

  • 手帳は完璧につけなくてもいい。持っていることが大事。
  • 良かった行動も書く。
  • 反応が返ってくる」「カラフルに書く」ことがモチベーションアップにつながる。
  • ポイント制にしてゲーム感覚で書いてみる。
  • 予習、復習、埋め合わせの時間で色分けする。
  • 週1回、朝10分間の朝の時間を活用する。

 

先生へのインタビューでは、手帳を途中で書かなくなってしまう人も多いようです。簡単なことから、無理なく記録することが、続けるコツと言えます。

 

3.手帳から「整理・段取り」へ

手帳を書いたり、学習計画を立てたりすることは、整理整頓段取りする力につながります。これは、将来の仕事にもつながる力です。

 

高校を卒業して働き始める人も、手帳を使い慣れておけば仕事に大いに役に立ちます!(というより、会社では手帳の使い方を教えくれないところも多いです……)

 

記録をしっかりと書くことで、計画と実際の違いを意識して、改善することができます。

 

当サイトでは、今後も【整理・段取り】のNo.003以降の記事を増やします。過去記事もぜひ参考にしてください。

www.maruyoshi30.net

 

まとめ

発表者の工夫を取り入れて、自分の手帳に活かしてみましょう。

継続は力なり」です。

 

このサイトは、スキルアップを応援します!

www.maruyoshi30.net