聴覚投資と杖ことば

オーディオドラマと朗読作品を普及させたい。音声作品・新書・小説などから、厳選した本をお届けするブログです。

『泣いた赤鬼』作家別10種類レビュー

浜田廣介の『ないたあかおに』を10種類レビューしました。文庫版は除いて、絵本をピックアップしました。

 

絵本を見比べて、近くの本屋には置いていない、子どもにぴったりの1冊、お気に入りの1冊を見つけてみてください。

 

 

1.全部ひらがなで3歳から読める絵本

1-1 池田龍雄

全部ひらがなで、3歳から読める絵本です。親しみやすい素朴な絵柄で、昔の人の生活に沿った淡い色合いが特徴の絵本です。クセがないので、どんな人でもすんなり読める絵本です。

 

1-2 岩本康之亮

紹介する中で一番簡単な絵本です。これも全部ひらがなで、3歳から読めます。文字が少なく、文章がわかりやすい言葉に変えられています。

 

ページをめくると黄・青・紫と色合いがどんどん変わるので、適度に刺激があり、子どもの集中を切らすことなく読み進められます。赤鬼が笑ったり怒ったり、表情の変化がわかりやすいです。

 

 

 2.恐くない鬼の絵本

2-1 いもとようこ

いもとようこさんは、温かみのある動物の絵本を多く描いている作家さんです。

光と影の表現がとても上手く、水彩画のにじみを活かした柔らかい表現が特徴です。

赤鬼がうれしい時の表情は、嬉しい気持ちがこちらにも伝わってきます。 

 

2-2 つちだのぶこ

2016年に出た一番新しいバージョンの絵本です。赤鬼や村人の顔が、丸くてふっくらしていて、親しみやすい絵柄が特徴です。笑った顔、怒った顔、泣いている顔と、表情の変化がわかりやすいです。

 

3.聞く力を楽しく育てる

3-1 朗読CD『浜田広介 名作選集』

朗読は中井和哉さん。『銀魂』の土方十四郎、『ONE PIECE』のロロノア・ゾロの声の人ですよ!

 

シーンに合わせた効果音や、活き活きとした会話が、話の理解を助けてくれます。お話に慣れていない子でも、楽しく聞くことができます。

 

CDの朗読を流しながら絵本を読むことで、聞く練習と読む練習ができる一石二鳥の作品です。小学校では授業で習う機会が少ない、聞き取りテストの対策にも使えます。

 

朗読元の作品は、全文が載っている梶山俊夫さんのバージョンです。

 

3-2 梶山俊夫(聞き取りテスト対策に最適)

絵柄は痩せた赤鬼、こけて日焼けしている村人などと、今風ではないですが、原作に忠実に絵を付けていて、原作全文を載せている事が最大の特徴です。本文にある「角のあとらしい、とがったもの」という文に沿って、中途半端な角を描いているのはこの絵本だけです。

 

文章量は一番多いので、年長や小学校に上がってから、上の朗読CDと一緒に読んで、聞いて、国語力アップの教材として使うことがおすすめです。

 

4.nakaban(青色が素敵)

アニメーション作家らしく、見開き2ページの全体を1枚の絵として楽しめます。クレヨンで書いた優しいタッチの絵や、絵本では珍しい版画風のページもあります。

 

最後のページの青色の使い方は、悲しい気持ちや相手を思う気持ちを、青色にのせて読者に訴えかける力があるので、一度見てみる価値があります。

 

5.赤坂三好(お得な一冊)

1989年に出版された 少し古い絵本ですが、今読んでも親しみやすい絵柄です。『むくどりのゆめ』、『赤いろうそくと人魚』と合わせ、全部で4作品も入っています。

 

その上に、親子で遊べる歌遊びや、手作り楽器作りなどが紹介されているので、この1冊で色々と楽しめる、お得な絵本です。

 

6.浦沢直樹

これでもか!というほど顔の表情をわかりやすく変化をつけて描いています。顔の変え方はさすがに上手いです。相手の表情から気持ちを読み取ることが難しい子どもには、表情を覚える練習になると思います。

 

ただし、1つだけ大きなデメリットがあり、物語の最後で赤鬼の顔を下からのぞき込み、でかでかと泣き顔を見せるカメラワークには強烈な違和感を覚えます。喜怒哀楽の絵のギャップが強すぎて、想像力が入り込む余地はあまり残されていません。

 

子どもが読むよりは、漫画が好きな大人が、漫画として楽しむ作品です。

 

7.藤城清治(ごほうび影絵絵本DVD)

大人のためのごほうび絵本DVDです。藤城清治さんは90代現役の影絵作家で、色の付いた影絵作品が楽しめます。眺める用の芸術作品です。子どもが破ったり、舐めたりする心配もありません。

 

藤城誠治さんは『人魚姫』や『ブレーメンの音楽隊』など、童話を元にした影絵作品をたくさん発表しています。毎年、展覧会も開催されています。キラキラした光の表現のイラストが好きな方へ、プレゼントする本としてもおすすめです、

 

さいごに

文章は同じでも、絵を描く人が変われば、絵本の印象も本当に変わります。

 

おすすめの朗読CDでは、蝉の鳴き声や活き活きとした村人の会話が流れます。話の内容が臨場感たっぷりに伝わってくるので、子どもが好きな絵本の世界を、もっと広げてあげられます。

 

ネットで検索する時は、「泣いた/ないた」や「赤鬼/赤おに」など、漢字やかなを正確に入力しないと出てこない場合があるので、注意してくださいね。

 

ぜひ、お気に入りの1冊を見つけてみてください。