生活を豊かにする、本と技術とオーディオドラマのブログ

【生活にプラスするアイディア集】キャリア迷子/ひきこもり状態/発達障害グレーゾーン/HSPを生きる. ◆1自分を守る「ストレスを減らすコーピング、悪意の心理学」 ◆2家族と友人を守る「いじめの対策/性教育」 ◆3成長を目指す人のための「勉強スタイル、再就職&転職スキル)」 ◆4お金を増やして守る「長期積立&短期トレード」

【月曜日のエッセイ】第7回:ダイバーシティの手を握る:怪物はピエロになって踊りだす

月曜日のエッセイ第7回です。

 

多様性(ダイバーシティ)は暗闇から、見知らぬ存在として現れます。相手のすべてを理解できると信じたときに、思いがけずに恐怖はやってきます。

サムネイル,月曜日のエッセイ,第7回,ダイバーシティの手を握る

I, Georgie, am Pennywise,

the Dancing Crown.

You are Georgie.

So, now we know each other, see what?

 

こう言って雨の日の排水溝の奥から声を掛けるのは、2017年にリメイクされてヒットしたホラー映画『IT "それ"が見えたら、終わり。』に出てくる殺人ピエロだ。

 

実はピエロは仮の姿で、IT"それ"は相手が怖がるあらゆる姿に変身できる。

 

狼男、ゾンビ、血の洪水。ピエロは人の恐怖を食べるのだ。

 

 

 

さらに一昔前、1818年のイギリス、ロンドンでは「怪物」が恐怖の対象になった。メアリー・シェリーの小説『フランケンシュタイン』に登場する怪物だ。

 

彼を作った科学者の名はフランケンシュタイン。怪物に名前はない。

 

怪物は自分の醜い姿を嘆き、連れ添う相手が欲しいと創造主の博士に願うも叶わなかった。しかし、怪物には知性があった。心優しく、友好的で、炎に驚き、芸術には涙を流した。

 

もしも怪物が現代にいたなら、きっともう少しましな生涯を送っていた。話し相手を盲目の老人に絞る必要なんて無い。ネットを使えば誰とでも話せる。SNOWでスキンを変え、Photoshopで背景をデコり、美白効果だって付けられる。すべてが自由自在! 前髪はお好み? チークはいかが? 

 

怪物はメイクを覚えてピエロになった。LIVEをやって気さくに踊れる。しようと思えば顔出しだってユニークなネタになる。"それ”の心の内にあるのは愛と知性か、それとも憎悪か、見た目ではわからない。

 

そう、"もう、見た目ではわからない"。

 

心の奥に推し量れない暗闇がある。

 

わからない恐怖に対し、人は名付けることで戦ってきた。言葉があれば慣れてくる。見慣れたら怖くない。ググれば出てくる。準備ができる。

 

隠れようとする"それ"の寝床はいつだって暗闇だ。

 

怪物

あの病気

ガラが悪いあそこ

空気を読めないあいつ

IT

 

みんながもてはやす多様性ある存在は、暗闇から陽が射す世界に戻ってくる。

 

暗闇から顔だけ見せる。

暗闇から声だけ聴かせる。

電気の消えた部屋では、クローゼットに何かがいる。

 

暗闇から差し出されたその手は、

本当に握っていいものか?

引きずり込まれて、食われやしないか。

優しく握り返してくれるのか。

 

見知らぬ"それ"は、日常に思いがけなく現れる。

 

ダイバーシティは勇気が試される。