生活を豊かにする、本と言葉とオーディオドラマ

~オーディオドラマの名作、明日使える経済・投資の本、たくさんあります~

月曜日の400字エッセイ(第1回) 通信技術が「こもりびと」に力を与える

「やっと外に出られる!飲み会ができるぞ!」

 

秋になって衣替えをした人たちが、緊急事態宣言の解除を受けて「これでひきこもりから解放される」と旅行雑誌を開き始めます。

 

その一方で、季節が変わっても、勉強や仕事に向かえず、社会との関わりが止まっている「こもりびと」がいます。そうなった理由は様々で、社会の状況や、個人の特性・いじめられた体験などです。

 

これまでは、人と関わらずに「感染症が怖い」と言っていれば、大勢と気持ちを共有することができました。しかし、その共感熱で温められた環境は、ぬるま湯に変わりつつあります、つかり続けていると、この先、寒く凍える季節が来ます。

 

「こもりびと」に暖かい熱をもたらすのは、個人に向き合うカウンセリングと、社会とつながる通信技術です。中でもテレワーク技術は、「こもりびと」が扱える強力なツールです。社会の中で、テレワークが盛り上がり、使われ続けることを願います。