生活を豊かにする、本と技術とオーディオドラマのブログ

【生活にプラスするアイディア集】キャリア迷子/ひきこもり状態/発達障害グレーゾーン/HSPを生きるヒント ◆1自分を守る「ストレスを減らすコーピング、悪意の心理学」 ◆2家族と友人を守る「いじめの対策/性教育」 ◆3成長を目指す人のための「勉強スタイル、再就職&転職スキル」 ◆4お金を増やして守る「長期積立&短期トレード」

【認知症予防】No.001 75歳以上の免許更新。高齢の知人・親・対象者の「運転免許認知機能検査」の対策おすすめ本

運転,高齢者,犬,イラスト

「運転免許更新のために、認知機能検査を受けてください」

 

突然郵便が届いた時には、だれでも不安な気持ちを感じるものです。「認知機能検査」というお堅い言葉に、身構えさせられます。

 

75歳以上の方は、免許を返納するか、更新するか、家族や知り合いと話をする事もあるかもしれません。

 

とはいえ、

普段の生活に車が必要な方も多いはず。いざ、運転免許を更新することを決めた時、誰もが同じ悩みに行き当たります。

 

「何を準備すれば良いか分からない」

 

大きな本屋には、15冊以上も免許関係の本が置いてあり、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。

 

端から端まで認知機能検査の本を調べて分かった、本当に良い本を選ぶコツをご紹介します。

 

家族の方も本選びの参考に、使っていただけます。

一緒に学びましょう。

 

 

本選びのポイントQ&A

質問①:白黒とカラー、どちらの本が良い?

白黒で印刷された本がおすすめです。

 

確かにカラーは見やすいのですが、本番の試験は白黒の紙で出題されます。

 

自宅で練習をする時から、白黒の問題に慣れておいた方が良いでしょう。

 

質問②:ページ数が少ないけれど大丈夫?

大丈夫です。

 

書店に置かれた本の中には、クロスワードや間違い探しなどが載っている本があります。実は、こうした本は「試験対策」ではなく、「脳トレ」の内容をあれもこれもと詰め込んでいるのでページが厚く、値段が高くなります

 

実際の試験には、毎回似たような出題傾向があります。本番の試験に出てこない脳トレは、本当に今必要でしょうか? 本を買う目的は「免許更新の検査に受かるため」だったはずです。

 

「試験対策」と「脳トレ」は、分けて考えましょう。

 

質問③:中古本でも大丈夫?

注意点としては法律の改正です。これについては、法律改正があれば、出版社はすぐに新しい内容で本を売り始めるでしょう。

 

ですので、新品をインターネットで注文したり、店頭で直接買う場合は、法律の改正は気にしなくてよいでしょう。当ブログでも改正の案内と、記事の更新をしますので、ご安心ください。

 

古い昔の本では、法律改正や出題傾向の変更に対応していない場合があり、せっかく勉強した苦労が水の泡になってしまう可能性があります。ですので、古本屋では買わないように気をつけましょう。

 

 

ここからは、

おすすめの参考書と使い方を、3つの段階に分けてご案内します。

 

Step1 試験内容を学びましょう

最初に、勉強に使う1冊を選びましょう。

 

次の2冊は内容が充実していて、出題範囲をカバーしています。信頼が置ける本です。

 

(1)知っておきたい運転免許センター認知機能検査対策&問題集 ナツメ社

※画像やボタンをクリックすると、販売ページに移動できます。

 

試験の流れが分かりやすく説明されています。1回分は、試験問題がカラーで見やすく解説されていて、「試験にはこんな問題が出る」と覚えることができます。そして、2回目以降は白黒印刷で、本番と同じ形式で、問題に取り組めます。他の本に比べて、たくさん練習問題が載っています。

 

紙の発色が良いので読みやすく、目にも優しい本です。

堂々のおすすめ第1位です。

 

(2)運転免許認知機能検査対策ブック 成美堂出版

当日の検査の流れが、イラストで説明されています。

緊張しやすい方や、本番に不安を感じやすい方には、心の準備ができる本です。

 

内容は分かりやすく、練習問題の量も十分です。眼鏡,イラスト

ただ、レイアウトに少し気になる点があります

  • 1ページあたりの文字量が多い
  • 文字がやや小さい

視力の低下を感じている方は、眼鏡が必要です。目安としては、文庫本を読める方なら問題なく取り組めます。

 

 

以上の2冊のうち、1冊を勉強すれば、試験の内容は十分理解できるでしょう。

 

 

Step2 問題をたくさん解いて練習しましょう

本を読み終えた方で、試験の対策はこれで十分」と感じられたなら、他の本は買う必要はありません。自信をもって本番の試験を受けましょう。

 

もう少し練習をしておきたい

大丈夫だと思うけれど、念のため

と感じる方は、次の問題集を取り組めば、準備は万全になります。

 

運転免許認知機能検査模擬テスト2022年度版』では、問題練習をたくさん行えます。値段も500円+税とお手頃価格です。腕試しに最適です。

 

 

運転免許認知機能検査 過去問題集』は、勉強法の解説本をたくさん出している和田秀樹先生の本です。分かりやすい解説で、必要なエッセンスが詰まっています。

 

 

運転免許認知機能検査 過去問題集 直前集中学習』は、同じく和田先生の本です。「直前」とあるように、試験前の最後の仕上げに使えます。

 

 

Step3 体調を整えて検査を受けましょう

主に使う1冊と、問題練習の本を合わせて取り組めば、準備は万全です。

 

検査を受ける前の日には、食事と睡眠をしっかりとって、体調を万全にして試験を受けてくださいね。

 

無事に合格することを、心より応援しています。

 

 

(補足)脳トレ本の選び方

免許のことをキッカケに、脳トレに興味を持った方もいらっしゃると思います。そのような方へ私がおすすめするのは、医者の篠原菊紀先生が書いている本です。

 

こちらの記事では、脳トレと頭の体操に関係した、オススメの本を紹介しています。興味がある方は、合わせてお読みください。

 

www.maruyoshi30.net