学びキャッチアップ

学びをシェアするブログです! (1)専門職スキルで再就職&転職 (2)投資とトレードを本からコツコツ学ぶ (3)大人のいじめの対処法 (4)オーディオドラマ&日本の古典の魅力を紹介

「今が一番お得ですよ」はいまは本当

「今が一番お得ですよ」の売り文句は、今は本当という話です。

売り文句,今が一番お得ですよ,最後の一着ですよ

最近の国内の物価の方向性は、とにかく値上がり方向に向かっていると感じています。

  • 物流費の増加(2024年4月1日からの残業時間規制)
  • 人件費の増加
  • 輸入品は円安で値上がり
  • 借入金の金利上昇

円安は、円の価値が相対的に低くなるので、海外の物やサービスを買うのに、前より多くの日本円が必要になります。

 

商品のカテゴリごとに細かく調べれば、値上がりの幅は違うでしょうが、体感的には「全体として」値段が上がっているという印象です。

 

※ロレックスからうまい棒まで、「全体として」値上がりするとの見方は、『物価とはなにか』の中でとても分かりやすく説明されています。

 

面白いと感じているのは、食料品のキャッチコピーも、値段に応じて変わってきていることですね。デフレからインフレに最初に切り替わるタイミングでは、「プレミアム」や「金の」や「極上」や「リッチ」などが使われていました。

 

徐々に値上げに慣れてきた段階の今は、ヤマザキが「生(なま)」を推しています。値上がりに応じて、新鮮さの価値をアピールしているところが興味深いです。

 

日本円の現金の価値が相対的に下がる局面では、欲しい物は今のうちに買い揃えるのがいいと思っています。

 

「これ、ちょうど最後の1つだったんですよ」は今でも疑わしいですが、販売員が「今が一番お得ですよ」と言ったなら、その言葉は信じてもいい環境だと思っています。