学びキャッチアップ

学びをシェアするブログです! (1)専門職スキルで再就職&転職 (2)投資とトレードを本からコツコツ学ぶ (3)大人のいじめの対処法 (4)オーディオドラマ&日本の古典の魅力を紹介

子どもが熱を出して早退:申し訳ない気持ちの対応策がわかる本『子育て教師の超効率仕事術』

家庭教師の副業を始めたい人に向けて、役立つ本をスピーディーに紹介します。

サムネイル,書評レビュー,子育て教師の超効率時間術



1.一言で表すと?

この本の中心テーマは「子育て中の教師の時間術」です。

 

この本を一言で表すなら、「子育てに限らず、副業で講師業をしている人が、限られた時間で成果を出すための実践行動を集めた本」です。

 

素早く効率的に講師の仕事を進めたい人」にオススメの1冊です。

  1. 授業の準備を効率化したい人
  2. 子育てによって仕事に穴をあけることを極力減らしたい人
  3. 整理整頓をして、プリントを探す時間を減らして、ストレスを減らしたい人

こうした職業観を強化することができます。

 

2.本の内容

「超効率」とタイトルにあるように、仕事術のノウハウを書いた本です。たくさんの項目の中から、自分に必要と感じたものをピックアップして実践をする、という使い方が向いている本です。

  • 書類の整理整頓
  • 家事や育児を含めた、仕事の時間配分
  • 子供が熱を出した時の、リカバリーの対応
  • 授業準備の考え方

などが書かれています。

 

3.ここに注目!

整理整頓のコツや、時間術は、数多くの時間術や5Sの本に書かれている内容が、しっかりと押さえられています。「大事なことがしっかり書かれている」のは、私が本を推す時に大事な要素なので、この本はポイントが高いです。

 

講師の本質である、「授業そのものの質を高める」ことに関して、とても良いフレーズが載っていたので紹介します。

  • 物理的な蓄積ならすぐ生きる
  • 「猛烈にすばらしい!」と思うものだけを一元化して、別に蓄積していくのです。
  • 授業準備の効率化に近道はない

 

授業準備の効率化を目指せる状態とは、「教材研究ができている状態」だと著者は言います。

  • 何をどのように教えるか
  • どのような筋道をたどるか
  • そのために何を思考するか
  • どう活動させるか

 

また、次のフレーズも私にとって響きました。

  • 同僚へのお礼はお菓子でなく仕事で返す
  • ちょっとめんどくさい大変な仕事を引き受ける
  • 子どもは熱を出すもの。
  • 子どもは怪我をするもの。
  • 預け先を複数ストックする。

 

 

4.次のおすすめ1冊

『教師の最速仕事術大全』も併せて読むのがオススメです。

タスク管理の参考文献の数が、半端なく多いです。

しっかりと内容が書かれている本です。